読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職で失敗しないための5つのルール

転職で失敗しないための5つのルール

【特別企画】「大切なことは、まず自分の特性を知ること」 - 大人のADHDセミナー 東京会場レポート|転職面接質問あれこれ

転職失敗って、知ってた?


不二家への就職は止めた方が良いのでしょうか? 某転職サイト
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10167782945
不二家への就職は止めた方が良いのでしょうか? 某転職サイトでこんな書き込みをみつけました。 ↓ 【良い点】 強いて言えば、甘々な雰囲気で仕事をしたい人に向いているのでは? 【気になること・改善したほうがいい点】 評価制度は、絶対評価と言いつつも実情は相対評価。 これだけならともかく、部署ごとに評価S何人、評価A何人と予め決められていて、例えば、前回○さんは評価Aだったから、今回は評価Bというように結局調整されてしまう。 実績はまるで考慮されない。 一方、上司のお気に入りは、どんなに大失敗して会社に損害を与えても、常に評価Sがつく。 こんな不公平評価がまかり通っている。 給料は凄まじく安い。 汚い手(社内規では違反だが異動時に総務が社宅に住まわせてくれたり)を使ったりすれば、家賃\xCC
未任漏擇砲覆襪❶〴靄榲Ľ\xCB30歳を過ぎた独身・子なし家庭には家賃手当等の福利厚生は一切ない。 手取りは大卒30過ぎ、残業なしの場合、20万を普通に切る…。 事業部が赤字だから残業をしないように、とのお達しがあり、効率を考えて仕事をして安い給料でも我慢していたが、空残業をしたり、仕事もしないでダラダラ居残って残業代をわざと稼ぐ輩は勿論いるし、前述したように実績が全く考慮されないから、社員はみなモチベーションが異様に低く仕事をしない…。 ちなみに、幹部クラスに、ほんの少しでも挙げた実績の内容を見た給料を〜云々と直談判した事もあるが、笑いながら残業をすれば良いじゃんと言われた。 もう一度言うが、事業部は赤字なので「残業はするな」との指示がでてるのだが…。 その他。 幹部・管理職のマネイジメント能力は皆無だと思う。 リスクマネイジメント、組織マネイジメント、人材育成等々。 30年以上にわたる経営不振で何度もリストラを実施し、更に2007年の不二家不祥事発生の折、人がごっそり抜けた為、管理職のなり手不足、それにより未熟なまま管理職
に登用されるケースが多発している。 管理職の教育というのもまるで無いから、新入社員と管理職の間に実質的な差は無いくらい管理職のレベルは低い。 明らかに人間性に問題がある管理職がパワハラ、セクハラなどトラブルを何度起こしても、コンプライアンスに通報されても罰則や降格はない。 苛められたり、セクハラされたりして新人、若い女性社員が何人も辞めてるが、お咎め無し。 また、管理職や幹部には2007年の問題も笑い話で済ませる人が多い。 反省なんかしていないし、危機意識がないからその後も本当によくやらかす。 異物混入、カビケーキ、偽装ステーキ等々…。 会社としてどうなのか、と思う。 こんな風だから、不二家は今後ジリ貧はあっても良くなることは恐らくない。 以上。 まだまだ述べ足りないが、自分の退社理由である。
[生き方と恋愛、人間関係の悩み|恋愛相談、人間関係の悩み|職場の悩み]
さすが!ベストアンサー↓
Array

転職失敗・・・。あせってるのですが・・。男です。 大学卒業後、中企業製造メーカーに7年勤めてたのですが、仕事自体はつらくなかったのですが、会社の内情(先行き)があまりよくなく、おととし退職。 その後、個人経営の塾再就...[ビジネス・キャリア>就職・転職・働き方>転職]

当然、企業の人事担当者は真の能力などについて読み取ることで、「企業に有用で、仕事をこなしてくれそうな人か?」をしっかりと確認しようとするのである思っています。
圧迫面接というもので意地の悪い質問をされたような場合に、無意識に腹を立ててしまう人がいます。その気持ちは理解できますが、素直な気持ちを表面に出さないようにするのは会社社会における常識なのです。
圧迫面接の場合にキツイ質問をされた際に、無意識に立腹してしまう方がいます。そうなる気持ちは理解できるのですが、気持ちを表面に出さないようにするのは常識ある社会人としての常識なのです。
仮に成長企業とはいえ、100パーセント絶対に採用後も揺るがない。も\xA4
舛蹐鵝△修鵑覆海箸呂△蠅泙擦鵝◀世ǂ蕕海修修Δいμ未砲弔い討録新擷乏稜Гⓘ垈跳隋\xA3
やはり日本の世界に誇れる技術の大半が地方の中小企業の町工場で生まれているのだ。給与面および福利厚生も十分であるとか、今まさに成長中の企業もあるのです。





面接で失敗しない転職理由・退職理由の説明方法【転職成功の鉄則No.106】




【特別企画】「大切なことは、まず自分の特性を知ること」 - 大人のADHDセミナー 東京会場レポート

仕事のケアレスミス、レポートの提出遅れ、うっかりの忘れ物、ギクシャクした人間関係…。職場でのトラブル続きで自信を失っている原因がADHDにあるとすれば、ADHDを理解し自分の特性を知ることで、もっとイキイキと輝けるはず。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/DWEEjL14kKUt/362bdb20fedd558193ce0bf6ca9f8361?ul=ZrTMK5bLk6V2O2le9mdEZChhgyVgCWXBnY8.bXXPcf18IWcrQp.xBRzLVwHH0H.5otNDe8qgPi1iQ9rcNNEpZSdvDyVs