読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職で失敗しないための5つのルール

転職で失敗しないための5つのルール

2017年度正社員の採用予定企業は64.3% - 過去10年で最高水準|転職面接質問あれこれ

転職書類について、動画で探してみたよ。




転職時の書類 (給与所得者異動届出書または住民税普通徴収関係書類)タイトルに書きました「給与所得者異動届出書または住民税普通徴収関係書類」という書類について教えてください。 現在勤めている会社を4月末で退職し、5月1日から別の会社へ転職しま...[お金・保険・資産運用>税金>住民税]

【対策】面接の際絶対に転職理由について質問されるだろう。「どういう理由で辞めたのか?」についてはどの企業の担当者も一番気になる問題です。そのため転職理由を特にしっかり考えておく必要があるのです。
さしあたって志望の会社ではないけど、というかもしれませんが、求人を募っているこれとは別の企業と比較してほんの少しでも良い点だと思う部分はどんな点にあるのかを思い浮かべてみて下さい。
多くの場合就職試験の日までに出題傾向を関連図書などを使って事前に情報収
集して、対策をたてることが肝心。ですから就職試験についての要点ならびに試験対策について詳しく解説しています。
働いてみたいのはどんな企業かと確認されたらどうも答えがでてこないけれども、今の勤務先での不満については、「自分に対する評価が正当ではない」と感じている人が非常に大勢いらっしゃった。
新規採用以外なら「入社可能に思われて、職務経験も得られそうな会社」なら、とりあえず就社しましょう。社員が数人程度の会社でも支障ありません。キャリアと職務経験を蓄積できればそれで大丈夫です。





書類選考における応募書類の評価基準【転職成功の鉄則No.103】


知ってたかい?

2017年度正社員の採用予定企業は64.3% - 過去10年で最高水準

帝国データバンクは3月14日、「2017年度の雇用動向に関する企業の意識調査」の結果を発表した。調査は2月15日〜28日、全国1万82社を対象に、インターネットで行われた。なお、雇用に関する調査は2005年2月以降毎年実施しており、今回で13回目となる。